桜島活泉水

温泉水とは

スポンサードリンク


桜島活泉水

桜島活泉水⇒キャンペーン実施中



アルカリイオン水≪桜島活泉水≫

温泉水とは

 温泉水とは

 

水まる分かり情報サイトから調べてみました!

 

温泉水とは地中から湧き出る水のことで、ミネラル成分が豊富に含まれており、

 

地層にしみ込んでいる水が地熱によって温められた水を指します。

 

そして、温められた水温が25度以上ある水を温泉水というのです。

 

( ※25度以下の水であっても、上記に明記した成分等々が含まれていれば温泉水と定めます。)

 

硬水と軟水について

 

わたしたちの飲んでいる水は硬度によって「硬水」と「軟水」に分類されます。

 

硬水と軟水の違いは硬度の違いです。

 

硬度というのは、お水1Lあたりのカルシウムやマグネシウムの含有量です。

 

WHO(世界保健機関)が定める基準では硬度120mg未満が軟水、120mg以上が硬水です。

 

私たちが普段日本で飲んでいる水道水や国産のミネラルウォーターはほとんどが軟水です。

 

カルシウムやマグネシウムの濃度が低い軟水は、まろやかな口当たりとさっぱりとした風味が特徴なのです。

 

日本での一般的な分類

 

区分 硬度
軟水 100mg/L 未満
硬水 100mg/L 以上

 

WHO(世界保健機関)での定義

 

区分 硬度
軟水 60mg/L 未満
中程度の硬水 60〜120mg/L
硬水 120〜180mg/L
非常な硬水 180mg/L 以上

 

硬水のメリットとデメリット

 

硬水のメリット

 

便秘解消に効果がある

 

洋風の煮込み料理に良い

 

動脈硬化の予防になる

 

硬水のデメリット

 

結石のリスクが高くなる

 

お腹がゆるくなってしまうこともある

 

料理の味付けの邪魔になることもある

 

軟水のメリット

 

日本料理に良い

 

赤ちゃんや子供でも安心

 

肌や髪に優しい

 

泡立ちが良い

 

軟水のデメリット

 

ミネラル補給はできない

 

公式サイト桜島活泉水⇒キャンペーン実施中

 



スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ